2012年9月アーカイブ

万歳!AppleTVがついにHuluに対応!!!

| トラックバック(0)

Huluといえば月額980円で見放題の映画配信サービス。

そんなHuluがAppleTVにようやく対応! これは嬉しい情報!

これでよく分からなかったAppleTVの使い道が・・・

映画見放題サービスといえば「TSUTAYA TV」や「Gyao!ストア」などがあります。

でも、こちらは完全見放題ではなく制限あり。

Huluといったら完全に見放題で、映画も約9,000本!

これはもう絶対に見るしかない、このビッグウェーブに!!

借りては返しに行くのが面倒だった海外ドラマなんか、見放題だけにずーーーーっと見てられます。

AppleTVはHDMI接続なので画質もばっちり。

Huluアカウントを統一すれば他のデバイスでも映画の続きを見れます。

  • iPhone
  • iPad
  • Androidスマホ
  • Androidタブレット
  • PS3
  • Xbox360
  • Wii

などなどですべて見れるのがめっちゃ便利!

昨日の晩に見た映画を、次の日は出先の休憩中に見ることも可能。 旅先や帰省時の暇な夜とかiPhoneなんかで見れるんですよ。

回線に合わせて画質を最適化してくれるので、スマホの3G回線でも驚くほど綺麗に映ります。

さらにAppleTVのキャンペーンとしてHuluの2週間のお試し期間が1ヶ月に延長。

たとえば僕のような・・・AppleTVの使い道がいまいち分からなかった人。

秋の夜長はHuluで映画見放題、映画三昧ってのもありですね!

【Huluの公式サイトはこちら】

iPadの出荷販売数が増加してる

ポストPC時代に突入している、そういったのはアップルの元CEO スティーブジョブス。

そう発言した2010年、iPadを市場に送り込みました。


もう考えてみればそれから2年。

IT大手が数々のタブレットを開発、そして販売しています。


グーグルは自社ブランド初のネクサス7。

ソフトウェア会社であり、端末を販売してこなかったマイクロソフトでさえ自社開発のサーフェスを発表。


黒船といえるamazonのキンドル日本語版。


ここまで行くとどれを選べばいいか分からなくなりますね。


気になる点は低価格タブレット。

11年のタブレット世界出荷台数のアップルのシェアは40%。


新しい第三世代のiPadは割高なのにディスプレーは9.7インチと大きい。

動画や写真に最適のタブレットといえます。


iPadの強みといいえば、なんといっても端末のスペックではなくアプリやアップルの端末に合ったコンテンツ。


同じアップル製品であるiPhoneやMacとクラウドでつなげることが最強ですね。


このユーザーの囲い込みにiPadは成功。販売数は1,704万台と増加増加の傾向です。


このまま行くとiPadはどこまでシェアを奪ってしまうんでしょうかね。

世界のタブレットの半分がiPadといえるほどのシェア。


これに他のIT企業が真正面から立ち向かっても難しそうです。

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。